レンタルオフィス

必要なものの見極めも大切なレンタルオフィス

オフィスビル

必要な場所に必要なだけのスペースを確保することのできるレンタルオフィスは、起業したばかりの方が仕事場を用意する際にも便利に使うことができます。
何と言ってもレンタルオフィスでは初期費用を節約することができ、スペースだけでなく業務に必要な備品がそろえられているというのが賃貸と異なる点になります。
少ない資金で労働環境を整えたいという方には選択肢として入ってくるレンタルオフィスですが、必要なものを見極めることも忘れてはいけません。
レンタルオフィスを決める際の基準はいくつかあり、ただ単に交通アクセスが良いということやスペースが広いということで選んでしまうと後になって後悔することもあります。
業務によっては会議室が使える方が便利だという場合は、使いやすい会議室が備え付けられているレンタルオフィスと契約した方が仕事がスムーズに行く場合もありますし、逆に少ない人数で広いスペースのオフィスを借りてしまうと無駄に持て余してしまい、割高感が強くなってしまうこともあります。
レンタルオフィスを利用する際には業務を始めた後のことをイメージしつつ、どのような機能が必要で不要なサービスはないかといったことを見極めることが必要になるのです。

出張時の活動拠点にレンタルオフィスを活用しよう

地方に本社を置く会社で、営業担当が東京や大阪などの大都市に営業活動に赴いた際、接待会議費の問題や待ち時間の使い方に疑問を感じていませんか?営業活動を行う担当者にとって、都市部で活動する際、今では安易にどこでも執務を行えるものではありません。また、個室がないため商談も飲食店となり会議費や接待費で処理せざる負えない問題もあります。そこで、レンタルオフィスを活動拠点にしてみませんか?
東京や大阪でもレンタルオフィスなら毎月に利用料金が安く、完全個室のスペースを確保することができます。また、専用ロッカーもありパソコンの預け入れも可能です。活用次第では担当者が入れ替わっても、同じレンタルオフィスで預けている共有のPCを利用し、商談までの空き時間を執務に充てさせることができます。また、レンタルオフィスは商談スペースや会議室も完備しています。つまり、これまで飲食店を利用するしかなく、会議費や接待費で処理するような費用を丸々削減できてしまいます。また、レンタルオフィスは入居する会社を表示することもでき、営業所や出張所といったスタイルを採用することもできます。地方企業で社員の空き時間は遊ばせる余裕がない、接待交際費は必要時以外は認めないとうスタイルを採用するならレンタルオフィスを利用しましょう。また、レンタルオフィスだからといって今では不信感を与えることもありません。

セミナー会場にレンタルオフィスを活用しよう

セミナーを定期開催するコンサルタント会社の担当者にとって悩ましいのが、会場の確保です。現在では貸会議室のサービスも多く、会場確保は以前よりも行いやすいものの、セミナー後の商談、講師の待機、セミナー中の執務スペースなどは貸会議室では難しいものです。そこでレンタルオフィスをセミナー会場にしてみましょう。
レンタルオフィスには、大規模な会議室なセミナールームを完備しているというケースは少なくはありません。さらにこれらのレンタルオフィスでは、会議室やセミナールームの利用料金が無料もしくは低料金というメリットもあります。これまで、貸会議室で1日あたり数万円がかかっていたものが、レンタルオフィスの月額料金とプラスαで済むことにもなります。また、レンタルオフィスは個室空間や商談スペースも確保できます。個室空間を執務スペースとすることで、講師の待機スペースや主催者担当の執務スペースとすることもできます。さらに商談スペースがあれば、セミナー終了後の個別相談やコンサルティング契約といった営業活動も行えます。レンタルオフィスは都市部の駅近物件も多く、セミナー会場にはうってつけであり、立地の条件から参加者をより多く集めることができます。また、会場設営もレンタルオフィスの運営会社で対応してくれるなど、限られた人員でのセミナー開催も可能です。